このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 企業局 > 工業用水道事業の取組・周南地区工業用水に係る応援給水制度の運用開始について

平成26年 (2014年) 11月 21日

企業局総務課

周南地区工業用水に係る応援給水制度の運用開始について

周南地区における渇水対策の強化を図るため、本年9月25日に下松市と「応援給水」に関する協定を締結したところですが、このたび、下記のとおり、本制度に係る企業の料金負担や具体的な運用方法等を決定し、本年度の渇水期(自主節水65%時を目安)から運用を開始することとしましたので、お知らせします。




<主な運用方法>


○ 給水の開始は、周南工業用水道事業(菅野系)の自主節水65%時を目安とする。


○ 各企業への給水単価は、下松市工業用水からの卸供給単価の1/2とする。



※ 従前(H18以降)の単価は、上記卸供給単価(22.64円)を適用


※ 給水量や給水期間等は、渇水状況や温見ダムの貯水量、受水企業からの希望水量等を総合的に勘案し、


別途県と市が協議して決定。



<運用開始日>


平成26年11月21日(金曜日)


※「周南地区工業用水の応援給水に関する要綱」を策定

お問い合わせ先

企業局総務課(経営・技術企画班)



お問い合わせ先

企業局総務課(経営・技術企画班)

閉じる