このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 教育政策課 > お知らせ・授業料減免

平成26年 (2014年) 8月 18日

教育政策課

県立高等学校、県立中等教育学校(後期課程)授業料の減免(軽減・免除)のお知らせ

1 授業料の減免

 授業料の減免は、経済的な理由により就学が困難な生徒について、その授業料の全額又は半額を軽減し、学校教育を受けるにあたっての学資負担を軽くするために行っている制度です。

 この授業料減免制度は、山口県ひとづくり財団 (別ウィンドウ) 奨学金等の奨学金制度と併せて利用できます。



2 この制度を利用できる人は

 この制度は、授業料を納める必要のある方のみを対象とする制度ですので、次の要件に該当する場合であっても、授業料無償化(不徴収)制度 (別ウィンドウ) または高等学校等就学支援金制度 (別ウィンドウ) の対象となっており、授業料を納める必要のない方は対象外です。


全額免除の方

・生活保護受給者

・市町村民税非課税又は所得割額非課税世帯


半額免除の方

・市町村民税所得割額が10,000円(定時制にあっては50,000円)以下の世帯


全額または半額免除の方

・失業、倒産等により、学資を負担することが困難と認められる世帯

・天災等(火災・地震等)によるり災世帯


※減免額は減免を認められた期間の授業料の全額又は半額です。



3 必要な手続きは

 (1) 授業料の減免を受けるには申請が必要です。申請に必要な書類等、詳しいことは各学校へ問い合わせてください。

 (2) 減免の申請には期限がありますので、注意してください。

    申請期限 6月30日

    申請先   各高等学校、下関中等教育学校



 なお、申請期限日以降に新たな事情が発生した場合には、減免申請を受け付けます。

 但し、申請期限後に申請された場合、減免が認められる期間は、申請の翌月からその年度の3月までとなります。


 (注)2年次、3年次、4年次に引き続き減免を受けられる場合も、毎年度、同様に減免申請の手続きを行う必要があります。



4 その他

 詳しいことは、各学校へ問い合わせてください。



お問い合わせ先

教育庁

閉じる