このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 教育政策課 > お知らせ・県立高等学校等の授業料について

平成29年 (2017年) 10月 2日

教育政策課

県立高等学校等の授業料について

県立高等学校、県立中等教育学校(後期課程)


○平成26年4月以降に入学された方


  県立学校に入学された方は、原則として授業料を支払う必要があります。

  ただし、授業料の負担を軽減するための高等学校等就学支援金制度があります。

  高等学校等就学支援金制度については、

  文部科学省ホームページ及び高等学校等就学支援金(新制度)リーフレット (PDF : 296KB)を参照してください。


○平成26年3月以前から在籍されている方


  授業料不徴収制度により原則として授業料を支払う必要はありません。


  但し、以下の場合は引き続き授業料を徴収します。

  ①高校等に3年(定時制においては4年)を超えて在学する場合

  (休学等やむを得ない理由がある場合は徴収しません。)

  ②通信制において74単位を超えて単位の申込をする場合

  ③通信制課程に在学しない者が、通信制課程の単位を申し込む場合

  (定時制課程の生徒が科目履修する場合や、聴講生の場合)

  ④既に高校等を卒業した者が、再度高校等に在学する場合

  ⑤専攻科に在学する場合

  (専攻科とは、高校を卒業した者がより高度な教育を受ける課程で、防府高等学校及び

   大津緑洋高等学校に設置されています。)


※授業料を徴収する場合でも低所得者等に対する授業料減免は引き続き行います。


県立特別支援学校(高等部)


【従来どおり、授業料はかかりません。】



お問い合わせ先

教育政策課

閉じる