このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 教育政策課 > きらめきワークセンター・トピックス

平成26年 (2014年) 9月 24日

教育政策課

トピックス


 障害者就業・生活支援センター登録者を実習生として受け入れました(平成26年9月16日~9月22日)

 障害者就業・生活支援センターの登録者を業務体験実習生として受け入れました。

 今回が初めての職業実習でしたが、文書集配、文書分別や文書シュレッダー処理など事務補助業務に取り組みました。

 最初の2日間は勤務時間を短縮しての実習でしたが、後半はフルタイムで仕事をこなしてくれました。

実習風景1 実習風景2


 特別支援学校から実習生を受け入れました(平成26年7月22日~8月1日)

 山口大学教育学部附属特別支援学校高等部3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 今後の就職活動に向けて、文書集配、文書分別や文書シュレッダー処理など事務補助業務に取り組みました。

実習風景1 実習風景2


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成26年6月23日~7月4日)

 山口総合支援学校高等部2年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 今後の就職活動に向けて、文書発送準備、文書集配、文書分別や文書シュレッダー処理など事務補助業務に取り組みました。

実習風景1 実習風景2


 障害者就業・生活支援センター利用者を実習生として受け入れました(平成25年12月9日~12月27日)

 障害者就業・生活支援センターの利用者を業務体験実習生として受け入れました。

 週3日・3週間に渡る実習で、慣れないパソコン作業にも熱心に取り組まれ、データ入力や文書集配、発送準備などの業務を行いました。

実習風景① 実習風景②


 障害者就業・生活支援センター利用者を実習生として受け入れました(平成25年12月2日~12月27日)

 障害者就業・生活支援センターの利用者を業務体験実習生として受け入れました。

 4週間(実働15日間)に渡る長期間の実習でしたが、体調管理等に気を付けながら、パソコンを用いた業務を中心に、文書集配や発送準備などの業務を行いました。

実習風景


 総合支援学校生徒が見学しました(平成25年12月10日)

 山口総合支援学校高等部の生徒がきらめきワークセンターを見学しました。

 校外学習の一環として、公共交通機関を利用して、ワークセンターを訪問されました。生徒さんは、シュレッダー処理や古紙分別、データ入力を見学され、その業務の一部を体験されました。

見学風景 見学風景


 総合支援学校生徒が見学しました(平成25年12月4日)

 山口南総合支援学校高等部の生徒9名がきらめきワークセンターを見学しました。

 進路学習の一環として、ワークセンターを訪問されました。生徒の皆さんは、シュレッダー処理や文書発送準備、データ入力を見学され、その業務の一部を体験されました。

実習風景① 見学風景②



 総合支援学校生徒が見学しました(平成25年12月2日)

 宇部総合支援学校高等部の生徒9名がきらめきワークセンターを見学しました。

 これからの進路指導に役立てるため、ワークセンターを訪問されました。生徒の皆さんは、本庁内での文書集配業務をワークセンター職員と同行されるとともに、ワークセンター内でのシュレッダー処理やデータ入力を見学され、その業務の一部を体験されました。

見学風景 見学風景


 障害者就業・生活支援センターを利用されている方が見学されました(平成25年11月22日)

 障害者就業・生活支援センターを利用されている方2名がワークセンターを訪問され、ワークセンター職員が行うパソコンを使ったデータ入力や古紙分別、シュレッダー処理などの事務補助業務を見学されました。

見学風景 見学風景


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成25年7月22日~8月2日)

 山口総合支援学校高等部3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 今後の就職活動に向けて、文書発送準備、文書集配、文書分別、文書シュレッダー処理やパソコンを使ったデータ入力など事務補助業務に取り組みました。

実習風景 実習風景


 総合支援学校生徒が見学しました(平成25年7月11日)

 山口総合支援学校高等部2年生の生徒8名がきらめきワークセンターを見学しました。

 卒業生の進路先を見学し、進路選択に役立てるため、ワークセンターを訪問されました。ワークセンター職員からのスライド等を用いた業務説明の後、生徒の皆さんは、シュレッダー処理やデータ入力、文書配付業務等を見学されるとともに、その業務の一部を体験されました。

見学風景1 見学風景2


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成25年6月24日~7月5日)

 山口総合支援学校高等部2年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 元気なあいさつとメリハリのある行動をすることを目標にされ、文書集配、文書発送準備、リーフレット修正、文書分別や文書シュレッダー処理などの様々な業務に積極的に取り組みました。

実習風景(文書集配) 実習風景(リーフレット修正)


 社会福祉法人 山口県社会福祉事業団の方が見学されました(平成25年7月3)

 きらめきワークセンターの概要を説明するとともに、本庁内の文書回収・配付業務や、パンフレットの修正業務を見学されました。

見学風景


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成25年4月15日~5月2日)

 山口南総合支援学校高等部3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 3週間にわたる長期の実習で、文書集配、文書発送準備、文書分別や廃棄などの業務に熱心に取り組んでくれました。

実習風景


 「鳴滝園障害者就業・生活支援センター デパール」を利用されている方が見学されました(平成25年4月25日)

 鳴滝園障害者就業・生活支援センター デパール(社会福祉法人ほおの木会)を利用されている方がワークセンターを見学されました。

 きらめきワークセンター職員による業務概要説明を行うとともに、文書配付・回収業務や文書発送準備業務を見学されました。

見学風景 見学風景


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成25年2月12日~2月15日)

 山口総合支援学校高等部3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 就職活動の一環として、事務作業の体験をしました。データ入力のほか、文書集配・分別や廃棄など、短期間ながら熱心に実習しました。

実習風景


 総合支援学校生徒が見学しました(平成25年2月7日)

 防府総合支援学校高等部2年生の生徒8名がきらめきワークセンターを見学しました。

 自立活動と進路学習の一環として訪問する職場の一つとしてワークセンターを選ばれたそうです。見学に訪れた生徒の皆さんには、作業の一部を体験してもらい、質問には職員が対応しました。

見学風景1 見学風景2


 障害者就業・生活支援センター利用者を実習生として受け入れました(平成24年12月4日~12月20日)

 障害者就業・生活支援センターの利用者を業務体験実習生として受け入れました。

 現在通っている施設の仕事と並行しながら、週3日・3週間に渡る実習でしたが、体調管理等に気を付けながら、文書集配や発送準備、データ入力などの業務をこなしました。

実習風景


 「鳴滝園」の方々が見学されました(平成24年10月11日)

 多機能型通所施設「鳴滝園」(社会福祉法人ほおの木会)の方々8名がワークセンターを見学されました。

 普段とは違う仕事の内容や職場の雰囲気に触れて、今後の職業訓練に向けた参考にされるとともに、仕事に対する理解を深めました。

見学風景


 山口障害者職業センターの職務試行法対象者の実習を受け入れました。(平成24年8月20日~8月31日)

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 山口障害者職業センターと連携して、同センターが行う職務試行法の実施に協力しました。

 パソコンを使ってのデータ入力や発送準備などを通常の職員と同じ仕事を体験し、仕事に対する理解を深めました。最初は勤務時間を短縮してのスタートでしたが、最終的には他の職員と同じフルタイムの勤務をこなしました。

作業風景


 総合支援学校からインターンシップ実習生を受け入れました(平成24年8月1日~8月2日)

 防府総合支援学校中等部3年生の生徒をインターンシップ実習生として受け入れました。

 得意のパソコンを使ってのデータ入力作業や名札づくりなどを通常の職員と同じ勤務時間で体験し、仕事に対する理解を深めました。

インターン


 「ふしぎなポケット」の方々が視察されました(平成24年7月31日)

 ふしぎなポケット(岩国市を中心に活動されている発達につまづきのある子をもつ家族の会)の方々6名が活動の一環としてワークセンターの視察のため来庁されました。

 きらめきワークセンターについての説明や、室内見学の案内に、ワークセンター職員が対応しました。

見学風景 説明風景


 障害者就業・生活支援センター利用者を実習生として受け入れました(平成24年7月18日~7月31日)

 障害者就業・生活支援センターの利用者を業務体験実習生として受け入れました。

 文書集配や文書分別、データ入力などの業務を行いました。

 現在の職場とは全く違った環境・作業でしたが、毎日日誌をつけながら、真摯に実習に取り組みました。

実習風景


 総合支援学校生徒が見学しました(平成24年7月11日)

 防府総合支援学校1年生の生徒10名がきらめきワークセンターを見学しました。

 皆さんこれが初めての職場見学だったそうです。卒業生として先輩でもあるワークセンター職員が業務の説明を行うとともに、自分の体験をもとに、働く上で大切なことや社会人として学んだことを後輩にアドバイスしました。

作業を見学 業務説明を聞く


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成24年6月11日~6月22日)

 山口南総合支援学校高等部の2年生と山口総合支援学校高等部の3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 当センターとしても複数人同時の受入れは初めてでしたが、両実習生とも文書集配・インデックス作成・文書分別や廃棄などの業務に、仕事に取り組む姿勢に注意しながら、熱心に実習に取り組んでくれました。

作業風景1 作業風景2


 障害者就業・生活支援センター利用者を実習生として受け入れました(平成24年5月21日~6月1日)

 障害者就業・生活支援センターの利用者を業務体験実習生として受け入れました。

 文書集配や郵便物発送準備、文書分別やデータ入力などの業務を行いました。

 この実習で自分の能力や課題を再認識し、次の就職活動に繋げていくための糧としました。

作業風景


 総合支援学校の進路ガイダンスの講師を務めました(平成24年3月7日)

 ワークセンターの職員が母校である防府総合支援学校に招かれ、卒業を間近に控えた3年生に仕事や生活についての講話をしました。

 きらめきワークセンターでの仕事や将来の目標、余暇の過ごし方など生徒からの質問への受け答えを交えながら、卒業後の職業生活について自分の経験を話しました。

職員による説明風景


 青森県教育庁視察(平成24年1月30日)

 青森県教育庁の職員の方々がワークセンター等の視察のため来庁されました。

 きらめきワークセンターの室内見学や業務説明、文書の収配業務を行う文書管理室などの庁内案内に、きらめきワークセンター職員が対応しました。

職員による説明風景


 総合支援学校生徒が見学しました(平成23年12月20日)

 山口総合支援学校2年生の生徒がきらめきワークセンターを見学しました。

 職場見学とともに、卒業生として先輩でもあるワークセンター職員が自分の体験をもとに、働く上で大切なことや社会人として学んだことを発表しました。

職員による説明風景


 障害者就業・生活支援センター利用者を実習生として受け入れました(平成23年12月12日~12月22日)

 障害者就業・生活支援センターの利用者を業務体験実習生として受け入れました。

 文書集配や郵便物発送準備、文書分別や廃棄などの業務を行いました。

 今後の就職活動に役立つよう、毎日実習の成果を自己評価しながら実習しました。

実習風景


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成23年11月28日~12月9日)

 山口総合支援学校3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

 文書集配や資料の袋詰め、文書分別や廃棄などの業務を行いました。

 1週間ごとに自分で目標を設定し、達成度を確認しながら、実りある実習を目指しました。

実習風景


 防府市自立支援協議会就労支援部会視察(平成23年11月28日)

 防府市自立支援協議会就労支援部会の部会員の方々がワークセンターの視察のため来庁されました。

 きらめきワークセンターの取組についての説明や、室内見学の案内に、きらめきワークセンター職員が対応しました。

職員による説明風景


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成23年11月14日~11月25日)

 山口総合支援学校2年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

文書集配やインデックス作成、文書分別や廃棄などの業務を行い、仕事に取り組む姿勢に注意しながら、熱心に実習に取り組みました。

実習風景


 徳山総合支援学校PTA研修視察(平成23年11月10日)

 徳山総合支援学校の保護者の方々33名が、PTA研修視察として、きらめきワークセンターの見学に来庁されました。

 保護者の方々に、きらめきワークセンターで職員が働く様子や地下1階の文書収発室を見学いただくとともに、きらめきワークセンター職員が、職場の活動内容の説明を行いました。

説明風景


 「平成23年度障害者雇用促進セミナー」において職員が「きらめきワークセンター」の説明を行いました(平成23年10月17日)

 山口労働局などが開催した「平成23年度障害者雇用促進セミナ-」において、きらめきワークセンターの取組について行政説明を行いました。

その中で、きらめきワークセンター職員が、業務内容や特徴的な取組について、実際に働く者の立場から説明を行いました。

講演風景


 総合支援学校からインターンシップ実習生を受け入れました(平成23年9月5日~9月7日)

 山口南総合支援学校2年生の生徒をインターンシップ実習生として受け入れました。

文書集配や文書発送、文書分別や廃棄などの業務を体験するとともに、きらめきワークセンターをPRするリーフレットをパソコンを使って作成しました。

実習生作成


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成23年8月15日~8月26日)

 山口総合支援学校3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

文書集配や文書発送、文書分別や廃棄などの業務を行いました。

実習を通して実感した、きらめきワークセンターで働くために大切なことを、スローガンにして室内に掲示しました。

実習風景 実習生作成


 総合支援学校から実習生を受け入れました(平成23年7月25日~8月5日)

 山口総合支援学校3年生の生徒を現場実習生として受け入れました。

他の職員と一緒に、文書集配や文書発送、文書廃棄やアンケートのデータ入力等の業務を行いました。

また、今後の実習生のために、実習に当たっての心構えなどををまとめたマニュアルをパソコンを使って作成しました。

実習風景



もどる



お問い合わせ先

教育庁

閉じる