このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 教職員課 > 公募型人事異動・H30山口県公立学校教職員公募型人事異動制度

平成29年 (2017年) 11月 1日

教職員課

平成30年度

山口県公立学校教職員公募型人事異動制度について

 学校の教育目標等に基づいて、求める教職員を公募し配置する公募型人事異動制度は、校長がリーダーシップを発揮し、特色ある学校づくりや学校運営の活性化を進めるとともに、より一層、教員の資質能力や意欲の向上を図ることができるなどの効果が期待されます。

目 的

□校長が、学校運営方針や教育目標を明らかにし、必要とする人材を公募することにより、学校教育目標の達成や活性化を図るとともに自主的・自律的な学校運営に資する。

□積極的に挑戦しようとする教職員の意欲を生かし、その能力の一層の発揮を促すことにより、個々の資質能力の向上を図るとともに、中核となる人材の育成に資する。

□通常の人事異動に加えて実施することにより、一層の人事異動の活性化を図る。


仕組み

公募型人事異動制度イメージ図



① あらかじめ県教委に申請し、承認された公募校の校長は、それぞれの「学校の教育目標の達成や課題解決に向けた求める教職員」を公表し、公募する。

② 公募校に異動を希望する教職員が出願する。(校種を越えた応募も可能です。)

③ 公募校の校長は、直接面接するなどして出願教職員を選考する。

④ 公募校の校長は、出願教職員について教育委員会に意見を具申する。

⑤ 教育委員会は、校長の意見具申を尊重し、人事異動を行う。

(異動は通常の人事異動の中で行います。)



手続

平成30年度山口県公立学校教職員公募型人事異動制度の手続 (PDF : 117KB)


実施要項

山口県公立学校教職員公募型人事異動制度要項 (PDF : 61KB)


各種様式

(別紙様式1)山口県公立学校教職員公募型人事異動制度 公募校申請書 (Word : 38KB)





(参考)公募型人事異動制度実施状況


平成29年度実施状況


平成29年度実施状況

 

公募人数(公募校数)

出願者数(公募校数)

配置者数(配置校数)

小学校

156人~187人(108校)

55人(38校)

43人(36校)

中学校

105人~121人(70校)

52人(33校)

43人(33校)

県立学校

12人~ 21人(11校)

6人(3校)

6人(3校)

273人~329人(189校)

113人(74校)

92人(72校)

※ 公募人数に幅があるのは、「若干名」として公募人数に幅をもたせた学校があったため。


(参考)平成29年度山口県公立学校教職員公募型人事異動制度について


平成29年度山口県公立学校教職員公募型人事異動制度について






お問い合わせ先

教職員課



お問い合わせ先

教職員課

閉じる