このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 教職員課 > 教員養成・平成28年度山口県教師力向上プログラム受講者選抜試験について

平成28年 (2016年) 7月 5日

教職員課

平成28年度山口県教師力向上プログラム受講者選抜試験について



1 目 的

 この試験は、平成28年度山口県教師力向上プログラム(以下「教師力向上プログラム」という。)の受講者となることを志願する者について、その選抜に当たっての資料とするために実施する。


2 志願区分及び募集人数

 小学校教員志望者  30人程度


3 対象者

(1) 小学校教諭一種免許状課程認定大学(大学院を含む。)に在籍し、平成30年3月に卒業又は修了見込みで、「エントリー資格・推薦基準」に基づき学長・学部長及び研究科長(以下「学長等」という。)が推薦する者

(2) 教師力向上プログラム(教師力養成講座・教師力養成体験実習)に全て参加できる者


4 エントリー資格・推薦基準

 山口県公立小学校の教員を強く志望する者で、次の(1)から(6)までの全てを満たす者

(1) 子どもへの深い教育的愛情をもち、子どもの指導に労を惜しまず取り組むとともに、自らの指導力を向上させていこうとする者

(2) 心身ともに健康であり、学業成績及び人物ともに高く評価できる者

(3) 小学校教諭の普通免許状を有する者又は平成29年度中に取得見込みである者

(4) 平成30年度(平成29年度実施)山口県公立学校教員採用候補者選考試験を受験する者

(5) 原則として、次のア~ウのいずれかに該当する者

ア 山口県の「教員をめざす学生のための学校体験制度」に参加した経験がある者

イ 小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校において体験活動やボランティア活動等を経験し、その経験を大学において単位認定されている者

ウ 小学校、中学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校において体験活動やボランティア活動等を10日以上経験し、その経験を学長等が証明できる者

(6) 地方公務員法第16条及び学校教育法第9条の欠格条項に該当しない者


5 エントリー手続

(1) 推薦

 学長等は、「エントリー資格・推薦基準」に基づき被推薦者を決定するものとする。

(2) エントリー書類等

ア 志願書(様式1)

 志願者は、必要事項を記入の上、所定欄に写真を貼り、大学に提出する。
 学長等は、志願書の記載内容を確認し、学長等の印(以下「公印」という。)を押印する。

イ 面接票(様式2)

 志願者が作成し、所定欄に写真を貼り、大学に提出する。

ウ 推薦書(様式3)、学校体験等証明書(様式4)及び被推薦者一覧表(様式5)

 学長等が作成し、所定の位置に公印を押印する。なお、推薦理由は具体的に記載すること。

エ 成績証明書(大学所定の様式)

 平成27年度末までの成績証明書を提出する。ただし、大学院に在籍する者については、卒業した大学の成績証明書を提出する。

オ 受験票送付用封筒

 長形3号の封筒に大学の郵便番号、所在地、大学名及び所管部署名を明記する。

(3) エントリー書類等の提出

ア エントリー期間

 平成28年7月6日(水曜日)~8月5日(金曜日)(必着)

イ 提出先

 山口県教育庁教職員課人事企画班 (山口県庁14階)
 〒753-8501 山口市滝町1番1号

ウ エントリー書類等の提出方法

 大学が取りまとめの上、一括して簡易書留で郵送するか又は持参する。
 なお、志願書、面接票、推薦書、学校体験等証明書及び成績証明書は、被推薦者ごとにまとめて被推薦者一覧表の番号順に重ね、被推薦者一覧表を一番上にして、受験票送付用封筒と共に封筒に入れ、親展扱いにて提出のこと。

(4) 受験票の交付

 エントリー書類の点検後、受験票送付用封筒により大学所管部署に受験票(様式6)を郵送するので、志願者は大学を通じて受領する。


6 選抜試験

 小論文(50分間)、個人面接を実施する。

(1) 各試験項目における試験内容及び評価の視点

試験項目

評価の視点

小論文

教育観、教育に対する情熱・意欲や使命感、表現力

個人面接

教育的愛情、教育観、教育に対する情熱・意欲

(2) 試験日時等

ア 日時 平成28年9月3日(土曜日) 小論文、個人面接

 集合時刻は、受験票の交付時に指示する。

イ 会場 山口県セミナーパーク内 一般研修棟(山口市秋穂二島1062番地)

 集合場所は、受験票の交付時に指示する。

7 選抜方法

 合格者の選抜は、選抜試験における各試験項目の評価結果及びエントリー書類の審査結果に基づき行う。


8 選抜結果の通知

(1) 平成28年9月30日(金曜日)に選抜結果を学長等宛てに郵送により通知する。

   なお、同日午前10時に、山口県教育庁教職員課のホームページ

   (http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a50200/index/)に合格者の受験番号を掲載する。

(2) 合格者には、学長等を通じて合格通知書(様式7)及び受講届(様式8)を交付する。


9 受講手続

(1) 合格者は、大学の指示に従い受講届を大学に提出する。大学は、次の(2)アの日までに合格者の受講届を一括して郵送するか又は持参する。期日までに受講届が山口県教育委員会に提出されなかったときは、受講の意志がないものとみなす。

(2) 提出期限等

ア 日 時  平成28年10月12日(水曜日)必着

イ 提出先  山口県教育庁教職員課人事企画班 (山口県庁14階)

      〒753-8501 山口市滝町1番1号

(3) 注意事項

 受講辞退は、大学を通じて受講辞退願(様式9)が提出され、山口県教育委員会がその理由を正当と判断した場合に限り認める。


10 個人情報の取扱いについて

 エントリー書類に記載された事項のうち、教師力養成体験実習校(受講者が教師力養成体験実習を行う学校をいう。)への配置を決定するために必要な事項については、教師力向上プログラムと連携する市町教育委員会へ情報を提供することがある。



11 その他


(1) 受講取り消し

 教師力向上プログラム受講開始後、次に例示する場合など、教師力向上プログラムの理念に照らし、教師としての資質能力に課題があると思料される場合には、受講を取り消すことがある。

 ア 教師力養成講座及び教師力養成体験実習において遅刻、私事欠席、授業の不実施等があった場合

 イ 報告書等の提出期限に遅れた場合、また、剽窃行為があった場合


(2) 修了認定

 教師力養成講座及び教師力養成体験実習の全てについて、別に定める修了判定基準を満たした場合に、教師力向上プログラムの修了を認定する。ただし、教師力向上プログラム受講期間中に、平成30年3月までに大学を卒業又は大学院を修了できないことが明らかになった場合若しくは小学校教諭の普通免許状を取得できないことが明らかになった場合は、修了の認定を行わない。


(3) 山口県公立学校教員採用候補者選考試験における特別選考の実施

 教師力向上プログラムを修了した者は、平成30年度(平成29年度実施)山口県公立学校教員採用候補者選考試験において、山口県教師力向上プログラム修了者特別選考の対象者とする。


様式一覧


様式番号

名称

ダウンロードファイル

様式1

志願書

(様式1)H28志願書 (Word : 24KB)

様式2

面接票

(様式2)H28面接票 (Word : 21KB)

様式3

推薦書

(様式3)H28推薦書 (Word : 21KB)

様式4

学校体験等証明書

(様式4)H28学校体験等証明書 (Word : 21KB)

様式5

被推薦者一覧表

(様式5)H28被推薦者一覧表 (Word : 22KB)

様式6

受験票

様式7

合格通知書

様式8

受講届

(様式8)H28受講届 (Word : 19KB)

様式9

受講辞退願

(様式9)H28受講辞退願 (Word : 20KB)




 平成28年度「山口県教師力向上プログラム」選抜試験実施要項 (PDF : 538KB)

 平成28年度「山口県教師力向上プログラム」事業案内 (PDF : 499KB)





お問い合わせ先

教職員課



お問い合わせ先

教職員課

閉じる