このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 社会教育・文化財課 > 心の冒険・サマースクール・トップ

平成29年 (2017年) 9月 6日

社会教育・文化財課

「心の冒険・サマースクール」


【☆2016年度チャレンジ・クエスト実施アンケート☆】

2016チャレンジ・クエスト参加者アンケート (PDF : 287KB)

2016チャレンジ・クエスト保護者アンケート (PDF : 423KB)


2016年度の活動の様子をディレクター日誌でご紹介します。                


☆2015年度の様子はこちら☆



 山口県教育委員会では、本年度も「心の冒険・サマースクール」を開校しました。

ここでは、

 1 次代を担う、チャレンジ精神にあふれるたくましいリーダーの育成

 2 思春期の子どもへの多面的な支援

をめざしています。

 平成5年度から本格実施された本事業には、これまで約2,400人の小・中・高校生が挑み、「心揺さぶられる体験」を通して、新しい自分の発見、仲間の大切さなどを感じてきました。

 舞台は大自然。アメリカの野外教育機関OBS(アウトワード・バウンド・スクール)から取り入れたノウハウをもとに、山口県独自のダイナミックな活動を展開します。

(参考)2017サマースクール募集チラシ (PDF : 3MB)


あなたのアドベンチャーを応援させてください!


本事業には、「自然体験活動を通して子どもたちの生きる力を育てよう!」という指導者が集っています。参加する70名程度の指導者相互の学び合いは、学級経営や職場の人間関係づくりにも生かされています。

体力や経験は必要ありません。「やってみよう!」という気持ちがあれば十分です。一緒に活動しませんか?



山口県野外教育活動指導者研修会

2017年度指導者研修会(Ⅰ期)  8月15日(火曜日)~24日(木曜日)【9泊10日】で開催

(参考)2017指導者研修会リーフレット (PDF : 669KB)

終了しました。ご参加ありがとうございました!

「心の冒険・サマースクール」とは?


自立するための旅

1 自立するための旅

過不足のない生活、お膳立てされ過ぎた日常を離れ、電気も水道もない自然の中で、自分たちだけの力によって生活することで、自立心、我慢する心、感謝の心が芽生えていきます。


自信を身につける旅

2 本物の自信を身に付ける旅

失敗を恐れず挑戦し続ける体験から、今までにない達成感を味わい「できる自分」を発見します。また、仲間からのフィードバックで「自分のよさ」を再認識し、ホンモノの自信を身に付けます。


人と深くかかわる旅

3 人と深く関わる旅

県内各地から集まった異年齢の仲間やスタッフとの交流は、参加者の視野を拡げ、人との出会いを積極的に受け入れようとする態度を育てます。また、相手を最大限に尊重しながら、本音で心を通い合わせることの大切さを知り、協力や信頼、思いやり、コミュニケーションのあり方等についても場面場面で具体的に学んでいきます。


こんな特色があります!!


本格的な自然体験

○長期の本格的な自然体験

荷物をかついで山に登り、野外で炊事をし、テントと寝袋で長期にわたる移動生活を送ります。ただし、いわゆる「サバイバル」とは性格が全く異なります。


グループワーク

○集団によるグループワーク

みんなで話し合って目標を決め、お互いに協力してこれをやり遂げ、その後に活動を振り返るという過程を繰り返しながら、グループ全体と個人の成長を図ります。



さりげない支援

○自律性を尊重したさりげない支援

1班(8名編制)に2人の指導者が付き、安全を確保します。指導者は基本的な方法は示しますが、命令や強制はしません。カウンセリング的な関わりで参加者と向き合い、参加者が自律的に目標を達成できるよう、さりげない支援をします。指導者はアメリカ・ハリケーン・アイランドOBSで2か月の研修を終えた教員をはじめ、2週間の野外研修を受講した学校教職員、教育行政関係者、学生ボランティア等です。


ローインパクトキャンプ

○環境に配慮したローインパクトキャンプ

洗剤は使わない、ゴミはすべて持ち帰るなど、周囲の環境や生命に対して最大限の配慮をした生活の方法を学びます。


普通のキャンプとは少し違います!!


野外活動の準備

1 野外活動の準備・集団生活への適応

・テントの張り方、食事の作り方など野外での生活の知識や技術を学びます。

・グループでの協力の仕方を学びます。



冒険的なプログラム

2 冒険的なプログラムに挑戦

・地図を頼りにグループでルートを決め、目標の山頂を目指します。(バックパッキング)

・ロッククライミング、サイクリング、カヌーなどに挑戦します。


自分ひとりの時間

3 自分ひとりの時間(ソロ)

・森の中でひとりだけで過ごします。家族や仲間、自分自身についてじっくり考えたり、自然との一体感を味わったりできる素敵な時間です。指導者が近くにいるので怖さはありません。


グループだけでの活動

4 グループだけで活動

・指導者から独立し、グループだけの力で目的地を目指して行動します。指導者は声の届く距離でついて歩き、バックアップします。



活動の総仕上げ

5 活動の総仕上げ

・「個人目標を設定しチャレンジする」活動の総仕上げを行います。体験から何をつかんだのかを話し合い、それを帰宅後にどう生かすかを考えます。

・最終日には班指導者と保護者の懇談を実施します。



関連リンク


AFPYの推進~体験活動を通した人間関係づくり~

わくわくアウトドア ~我、童心に返る in小野湖~



2017年度実施事業


小学生チャレンジ

7月28日(金曜日)~

8月5日(土曜日)8泊9日

対象:県内小学5・6年生

定員:32人

会場:山口市阿東

小学生チャレンジ・ゴールの達成感

終了しました。

ご参加ありがとうございました!


小学生ジョブプログラム

下記2つの地域

対象:県内小学5・6年生

定員:各16人

会場:各プログラム会場


☆ジョブin山口

10月14日(土曜日)

 ~15日(日曜日)1泊2日

会場:山口市秋穂二島周辺

ジョブin山口



☆ジョブin周防大島

11月11日(土曜日)

 ~12日(日曜日)1泊2日

会場:周防大島町土居周辺

ジョブin周防大島



中高生クエスト

8月16日(水曜日)

 ~24日(木曜日)8泊9日

対象:県内中学生・高校生

定員:24人

会場:山口市阿東

中高生クエスト・ピークアタック

終了しました。

ご参加ありがとうございました!


ペアレント

8月2日(水曜日)~

8月5日(土曜日)3泊4日

対象:チャレンジ・クエスト

    参加者の保護者

定員:10人

会場:山口市阿東

ペアレント・ナイスチャレンジ

終了しました。

ご参加ありがとうございました!



持ち物について

このような持ち物が必要です

持参品(参考) (PDF : 58KB)


お問い合わせ

社会教育・文化財課 青少年教育班

TEL:083-933-4650

FAX:083-933-4669

E-MAIL:a50400@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

教育庁

閉じる