このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 社会教育・文化財課 > 社会教育委員の提言について・社会教育委員の提言について

平成29年 (2017年) 3月 23日

社会教育・文化財課

山口県社会教育委員の会議が山口県教育委員会へ提言

山口県社会教育委員の会議(議長 相原次男 宇部フロンティア大学学長)から、提言書「家庭教育支援の充実に向けて~学校・家庭・地域の温かい絆(きずな)づくりによる支援体制の構築~」の提出がありました。


提言書では、少子高齢化や核家族化の進行、地域におけるつながりの希薄化等により、家庭教育を支える環境が大きく変化し、家庭教育が困難な社会となっている現状の中で、家庭教育支援の充実に向けて、社会教育の領域から今後取り組むべき方向性と対応方策が提言されています。


○期日

平成27年12月25日(金曜日)


○場所

教育長室(県庁14階)


○出席者

・山口県社会教育委員の会議

議長 相原次男(宇部フロンティア大学学長)

副議長 安光真裕美(山口県地域活動連絡協議会副会長)


・山口県教育委員会

教育長 浅原司


教育長へ提出 教育長と懇談

○参考 

山口県社会教育委員の会議は、社会教育に関する諸計画の立案や調査研究を行う附属機関で、委員は学校教育の関係者、社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動をしている関係者、学識経験のある者の計20人で組織されている。



27山口県社会教育委員の会議提言 (PDF : 2MB)

27山口県社会教育委員の会議提言(概要版) (PDF : 321KB)




前回(平成25年度)の提言「地域の人づくり・絆(きずな)づくりと活力あるコミュニティの形成に向けて~『学びの場』を核にした好循環を生み出す仕組みづくり~」

25山口県社会教育委員の会議提言 (PDF : 1MB)

25山口県社会教育委員の会議提言(概要版) (PDF : 370KB)



お問い合わせ先

教育庁

閉じる