このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 学校安全・体育課 > 児童生徒支援・人間関係づくり

平成28年 (2016年) 12月 15日

学校安全・体育課

人間関係づくりについて


 いじめや暴力行為など生徒指導上の課題を解決するためには、約束や決まり・ルールを守る心を育むとともに、集団の人間関係づくりや一人ひとりのコミュニケーション能力を高める必要があります。

 学校で実践できる人間関係づくりのプログラムとして、本県では、個人や人間関係のよりよい変容をめざした「AFPY(やまぐちふれあいプログラム)」[Adventure Friendship Program in Yamaguchi]に取り組んでいます。

 この活動は、「いつでも、どこでも、だれでもできる」ほとんど道具を使わない活動です。また、プロジェクト・アドベンチャーの専用施設(エレメント)やゲームのグッズなどを使った活動も含まれます。

 ここでは、定義等や様々な実践事例を紹介します。


 リンク  やまぐち総合教育支援センター(人間関係づくり)


AFPY啓発リーフット (PDF : 6MB)



お問い合わせ先

教育庁

閉じる