このページの本文へ移動

ここから本文

トピックパス
トップページ > 組織から探す > 義務教育課 > 学校芸術文化ふれあい事業及び中学校文化連盟・平成21年度 総合文化祭

平成26年 (2014年) 8月 28日

義務教育課

平成21年度 山口県中学校文化連盟 第5回 総合文化祭


【開催期日】平成21年11月7日(土曜日)・8日(日曜日)


伝えよう 文化の心 伸ばし合おう 私たちの可能性


【会 場】

◆展示部門 アクティブやない・文化福祉会館  ◆舞台部門 サンビームやない

【主 催】

山口県中学校文化連盟、山口県、山口県教育委員会

【共 催】

柳井市、柳井市教育委員会、周防大島町、周防大島町教育委員会、上関町、上関教育委員会、田布施町、田布施町教育委員会、平生町、平生町教育委員会、山口県中学校長会、山口県中学校教育研究会

【後 援】

山口県高等学校長協会、山口県小学校長会、山口県私立中学高等学校協会、山口県PTA連合会


<舞台内容>

オープニング(劇、柳井地区の映像、剣舞)科学発表、英語弁論、研究リレー発表、混声合唱、女声合唱、吹奏楽演奏、表彰式、エンディング(全体合唱)等


<展示内容>

ポスター、書写、科学、読書感想画、読書ノート、絵画、デザイン、イラスト、油絵、技術作品、家庭科作品、高等学校交流作品


オープニング(月性の剣舞の披露)


 この画像は、オープニングにおける「男児立志」による剣舞です。幕末、ペリーが軍艦4隻でやってきて武力で日本に開国を迫りました。この黒船騒ぎに日本中が騒然としている中、遠崎村(現柳井市遠崎)の妙円寺に生まれ育った月性は、日本の海防の必要性を周囲に説き、日本の国難を救おうとします。そのため、彼自身も大阪に出て勉学に励もうという決意をします。いざ、故郷を出立する時に作った詩が、この「男児立志」です。「一度、志をたてたなら、それを果たすまでは故郷に帰らない。」という決意のほどを表した漢詩です。今から20年前、地域の方々によりこの漢詩に合わせ、剣を持って舞う「剣舞」が創られました。大畠中学校では、毎年2年生全員が立志の集いと体育祭で詩吟に合わせて剣舞を披露しています。



このページに関するお問い合わせ・お気付きは

山口県教育庁義務教育課指導班へ

〒753-8501 山口県山口市滝町1-1

TEL 083-933-4595 FAX 083-933-4609

E-mail a50900@pref.yamaguchi.lg.jp



お問い合わせ先

教育庁

閉じる