ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口の魅力と観光
  3. 歴史・文化
  4. 維新史回廊
  5. 博物館等::下関市立長府博物館

2008年4月1日更新

文化振興課

博物館等::下関市立長府博物館

施設名

下関市立長府博物館

施設外観

下関市立長府博物館外観

マップ

下関市立長府博物館地図

所在地

〒752-0979 下関市長府川端一丁目2番5号

電話

0832-45-0555

入館料(観覧料)

(常設展示)

  • 大人200円、団体(20名以上)160円
  • 大学生100円、団体(20名以上) 80円
  • 18歳以下の方、高等学校・中等教育学校と盲・聾・養護学校に在学の生徒、70歳以上の方、身障者の方は無料

開館時間

9時30分〜17時(入館は16時30分まで)

休館日

  • 毎週月曜日
  • 祝日の翌日
  • 年末年始(12/28〜1/4)

交通

  • JR長府駅から下関方面行バス、JR下関駅から長府方面行バス、JR新下関駅から城下町長府鳥居前経由下関行バス乗車、城下町長府鳥居前バス停下車徒歩12分(国宝功山寺仏殿隣)

施設の特色・主な収蔵品等

〈古代〉
 県指定文化財心光寺古墳出土品をはじめ、下関やその近郊から出土した副葬品、重要文化財長門国鋳銭遺物、長門国分寺の軒瓦など。
〈中世〉
 県指定文化財武久家文書、同安尾家文書、同美栄神社鰐口、同楊柳観音坐像、同大内家壁書、熊野権現山出土の経塚遺品、功山寺資料など。
〈近世〉
 市指定文化財旧長府藩主毛利家遺品、雄山城関係資料、朝鮮通信使関係資料、田上菊舎等の下関にゆかりのある文化人の遺墨遺品など。
〈幕末・維新〉
 長州藩が関門海峡を舞台に欧米列強と戦った下関戦争の資料。
 奇兵隊の設立・功山寺挙兵で著名な高杉晋作、下関を政治・経済活動の拠点とした坂本龍馬など、幕末の志士達の遺墨・遺品。
 禁門の変で都落ちした三条実美以下七卿の遺墨・遺品。
 高杉を物心両面から援助するとともに自らも志士活動に身を投じた白石正一郎の資料。
 長府藩で結成された報国隊や、倒幕運動の分岐点となった四境戦争(第二次長州征伐)に関する資料。

館内

下関市立長府博物館館内

URL

http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kyoiku/chohuhaka/


このページの先頭へもどる