ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口の魅力と観光
  3. 歴史・文化
  4. 維新史回廊
  5. 博物館等::山口市歴史民俗資料館別館鋳銭司郷土館

2008年4月1日更新

文化振興課

博物館等::山口市歴史民俗資料館別館鋳銭司郷土館

施設名

山口市歴史民俗資料館別館鋳銭司郷土館

施設外観

鋳銭司郷土館外観

マップ

鋳銭司郷土館地図

所在地

〒747-1221 山口市鋳銭司1422番地 

電話

083-986-2368

入館料(観覧料)

  • 一般100円
  • 小中学生50円

※ 20人以上は、団体割引料金で入館可。

開館時間

9時から17時まで(入館は午16時30分まで)

休館日

  • 月曜日(祝日・振替休日は開館)
  • 祝日の翌日
  • 年末年始(12月26日から1月5日)

交通

  • 山陽新幹線・山陽本線「新山口駅」下車、防長バス防府方面行きで「大村神社前」下車徒歩約5分。
  • 山陽本線「四辻駅」下車徒歩約20分
  • 山陽自動車道山口南IC(西方向のみ)より車で約5分
  • 九州方面からは中国自動車道小郡ICより車約10分

施設の特色・主な収蔵品等

第1展示室 明治維新の先覚者大村益次郎の遺品と遺墨
 大村益次郎の出生から没年までのおもな出来事を14枚の切絵で紹介し、それらに関係のある遺品と遺墨を展示している。(大村益次郎銅像模型、益次郎の肖像画、益次郎愛用の扇子、益次郎の陣笠、益次郎自筆の作戦図、益次郎愛用の本箱と洋書など)
第2展示室 日本のお金の歴史と史跡「周防鋳銭司跡」出土遺物。
 史跡「周防鋳銭司跡」の所在地は、鋳銭司郷土館より西約1kmのところにある。この史跡から出土した遺物と日本で最初に鋳造された貨幣「和銅開珎」から現在までの貨幣を展示。

館内

鋳銭司郷土館館内その1


このページの先頭へもどる