ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口の魅力と観光
  3. 歴史・文化
  4. 維新史回廊
  5. ゆかりの人物::益田右衛門介

2008年4月1日更新

文化振興課

ゆかりの人物::益田右衛門介

人物名

益田右衛門介

人物概要

天保4年(1833)〜元治元年(1864)

 幕末の長州(萩)藩家老。元治元年(1864)7月に藩主父子の雪冤陳情のために、家老福原越後、国司信濃と共に手兵を率いて上京したが、禁門の変が起こり、男山に出陣したが敗れて帰国した。

 この後、幕府が長州藩の征討を決定すると、長州藩内部では保守派の勢力が台頭し、幕府への恭順の意をあらわすことにより許しを乞おうとし、尊王攘夷派への弾圧が行われた。同年8月福原越後、国司信濃両家老と共に幕府への謝罪のため切腹させられた。年32。

肖像等

益田右衛門介肖像(須佐歴史民族資料館蔵)

益田右衛門介肖像(須佐歴史民俗資料館蔵)

関連史跡

  •  

このページの先頭へもどる