ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口の魅力と観光
  3. 歴史・文化
  4. 維新史回廊
  5. ゆかりの史跡::一升谷の石畳

2008年4月1日更新

文化振興課

ゆかりの史跡::一升谷の石畳

史跡名

一升谷の石畳

所在地

萩市明木

交通

JR山陽本線、山陽新幹線「新山口」下車、バスで50分「明木」徒歩30分

マップ

一升谷の石畳地図

史跡の概要

 萩往還は、萩から山口をへて三田尻にいたる12里(48キロ)の道筋であり、藩主の江戸参府のために整備されたことから、「御成り道」とも称された。

 いり豆を食べながら歩くと一升も食べられるほど長い谷であることからその名前があるという。

 幅1mの石畳が延長38mにわたって残る。

史跡画像

一升谷の石畳画像

 


このページの先頭へもどる