ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口の魅力と観光
  3. 歴史・文化
  4. 維新史回廊
  5. ゆかりの史跡::明倫館跡

2008年4月1日更新

文化振興課

ゆかりの史跡::明倫館跡

史跡名

明倫館跡

所在地

萩市江向602

交通

JR山陰本線萩駅、東萩駅または萩バスセンターから萩循環まあーるバス(東回りコース)「萩市役所」徒歩1分

マップ

明倫館跡地図

史跡の概要

 長州藩の藩校。五代藩主毛利吉元が享保4年(1719)に創設。

 嘉永2年(1849)毛利敬親がこの地に移した。(村田清風が明倫館再興用掛となって重建)これによって明倫館は、学問修得だけでなく、武芸修練、兵練を合わせた総合学校として発展拡充を遂げた。

 水戸の弘道館、鹿児島の造士館と並ぶ全国有数の規模を誇った。

 現在、明倫小学校の敷地内に有備館、水練池、聖賢堂などの史跡が残る。

史跡画像

明倫館跡画像その1明倫館跡画像その2

関連人物


このページの先頭へもどる