ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口の魅力と観光
  3. 歴史・文化
  4. 維新史回廊
  5. ゆかりの史跡::三田尻御茶屋

2008年4月1日更新

文化振興課

ゆかりの史跡::三田尻御茶屋

史跡名

三田尻御茶屋

所在地

防府市お茶屋町10-21

交通

バス中関(せかのせき)線「お茶屋前」下車5分

マップ

三田尻御茶屋地図

史跡の概要

 承応3年(1654)二代藩主毛利綱広が築造した。嘉永4年(1851)に毛利敬親により大規模な改修が加えられ、現在の建物はこの時の本館がもととなっている。
文久3年(1863)、七卿が長州へ逃れてきた時の宿舎として使用された。また、諸国の志士が数多く訪れた。

史跡画像

三田尻御茶屋画像

関連人物


このページの先頭へもどる