21世紀の新しいまちづくり 山口県市町村合併
周南市誕生記念式の開催について
 

 今年4月21日に、旧徳山市、新南陽市、熊毛町、鹿野町の2市2町が合併して誕生した周南市では、10月22日に誕生記念式が開催され、市民の皆様はじめ約1,800人が出席し、山口県における平成の大合併第1号である新市の誕生を盛大にお祝いしました。
 式では、河村市長が「市民が合併してよかったと感じ、全国に誇れる合併先進都市を築きたい」と式辞を述べられ、新しいまちづくりに対する意気込みが感じられました。
 また、合併功労者の総務大臣表彰や、全国公募により選ばれた新しい市章の発表があり、お祝いムード一色に包まれました。
 この合併は、本県産業をリードする中核都市づくりに向けた大きな第一歩であり、周南市が早期に、名実ともに「県勢発展をリードする元気発信都市」となれますよう、期待が募ります。


祝辞を述べる二井関成知事(平成15年10月22日周南市総合スポーツセンター)  
祝辞を述べる二井関成知事
(平成15年10月22日周南市総合スポーツセンター)
市章の発表(平成15年10月22日周南市総合スポーツセンター)
 
  市章の発表
(平成15年10月22日周南市総合スポーツセンター)