グローバルナビの
メニューをスキップしてコンテンツ(本文)の先頭へ
Yamaguchi Prefecture
サイトマップ サイト内検索

トップページアスベストに関する情報 > アスベスト含有建材の特徴・見分け方等

2007年8月2日更新

アスベスト含有建材の特徴・見分け方等


● 調査対象建材の特徴・見分け方

  1. 吹付けアスベスト
    • 素材
      •  いわゆる「吹付けアスベスト」と呼ばれているもの(アスベストにセメント等の結合材と水を加え混合し、吹付け機を用いて吹付けたもの)
    • 商品名(例)
      •  ブロベスト、オパベスト、サーモテックスA、トムレックス、リンペット、ノザワコーベックス、ヘイワレックス、スターレックス、防湿モルベスト

        注1)昭和50年以降は施工していない(※1)。
        注2)トムレックスは、吹付けを意味することで使用されている場合があるので、昭和50年以降設計図書に、この商品名がある場合は、石綿含有の有無の確認が必要である(※1)。
    • 判断の仕方
      • ・外見の特徴
         表面が綿状で柔らかい。
        ・針による貫入度の特徴
         針は容易に貫入し、その深さは数cm程度である。
        ・材料の色、光沢等の特徴
         青色、灰色、白色及び茶色に仕上がっている。青色の場合は、クロシドライト(青石綿) による吹付け石綿であり、茶色の場合は、アモサイト(茶石綿)による吹付け石綿である。
         2層吹きになっている場合は、下吹きが青色若しくは灰色、上吹きが白色の場合は吹付け石 綿である。
    • よく使われている場所
      • ・鉄骨造建造物
         鉄骨の梁、柱、鉄板床
         空調機械室
         ボイラー室や昇降機などの機械室
        ・鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造建築物
         空調機械室
         ボイラー室や昇降機などの機械室
         駐車場の天井、壁
    • 写真
      • クロシドライト吹きつけ 一部剥奪(写真)
        クロシドライト吹きつけ 一部剥奪
        クロシドライト吹きつけ 劣化し垂れ下がった状態(写真)
        クロシドライト吹きつけ 劣化し垂れ下がった状態
      • サンプル
        サンプル
  2. 吹付けロックウール
    • 素材
      •  いわゆる「吹付けロックウール」と呼ばれているもの(ロックウールをセメント、アスベストなどと混合し、機械で噴出させ天井などに付着させたもの)で、含有する石綿の重量が当該製品の重量の0.1%を超えるもの
    • 商品名(例)
      •  スプレーテックス、スプレーエース、スプレイクラフト、サーモテックス、ブロベストR、ノザワコーベックス−R、アサノスプレーコート、バルカロック、ヘイワレックス、オパベストR、ベリーコートR、タイカレックス、ニッカウール(昭和62年12月大臣指定取消し)、浅野ダイアブロック(昭和50年10月大臣指定取消し)、スターレックス−R(昭和57年7月大臣指定取消し)、トムウェット、アサノスプレーコートウェット、サンウェット、吹付けロックンライト、バルカーウェット、ブロベストウェット
    • 判断の仕方
      • ・外見の特徴
         表面が綿状で柔らかい(吹付けアスベストと同様)。
        ・針による貫入度の特徴
         針は容易に貫入し、その深さは数cm程度である。
        ・材料の色、光沢等の特徴
         外見上吹付け石綿と類似しており、吹付け石綿の識別方法に該当しないものは、これである可能性が高い。
    • よく使われている場所
      • ・鉄骨造建造物
         鉄骨の梁、柱、鉄板床
         空調機械室
         ボイラー室や昇降機などの機械室
        ・鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造建築物
         空調機械室
         ボイラー室や昇降機などの機械室
         駐車場の天井、壁
    • 写真
      • 岩綿=ロックウール吹きつけ(写真)
        岩綿=ロックウール吹きつけ
  3. 吹付けひる石(バーミキュライト)
    • 素材
      •  いわゆる「吹付けひる石」と呼ばれているもの(ひる石(バーミキュライト)をアスベストと混合し、機械で噴出させ天井などに付着させたもの)で、含有する石綿の重量が当該製品の重量の0.1%を超えるもの
    • 判断の仕方
      • ・外見の特徴
         表面は平坦ではなく、骨材と骨材の間に小さなすき間が見受けられ、少し力を入れてさわると弾力が感じられる場合が多い。
        ・針による貫入度の特徴
         針を材料に刺しても、吹付けロックウールのように容易に貫入することはないが、全く貫入しないわけではない。
        ・材料の色、光沢等の特徴
         黄金色で、光沢がある雲母状の鉱物が確認できる場合がある。
    • よく使われている場所
      •  比重が小さく熱伝導率の小さい、ひる石、パーライト、人工軽量骨材等を、断熱あるいは吸音の目的で使用する場合が多いので、結露の可能性がある室の天井や音の反射を防止する必要のある天井に施工していることが多い。
    • 写真
      • ひる石吹きつけ 石綿含有(写真)
        ひる石吹きつけ 石綿含有
        サンプル
        サンプル
  4. 折板裏打ち石綿断熱材
    • 素材
      •  鋼板の屋根材(折板)に石綿を貼り付けたもので、含有する石綿の重量が当該製品の重量の0.1%を超えるもの
    • 判断の仕方
      • ・金属折板屋根が使用されている建物については、折板の裏(下、室内側)に対象材料があるかどうかを確認する(金属折板屋根がなければ対象建材はないと判断して差し支えない)。
        ・断熱あるいは吸音(消音)が目的で、吹付けたり貼り付けたりするもので、スポンジ状、ゴム状、ウール状、おこし状等であり、表面は硬いものではない。
    • よく使われている場所
      • 倉庫、車庫、渡り廊下等の金属板屋根の裏
    • 写真
      • 石綿フェルト材(写真)
        石綿フェルト材

【参考資料】
※1:「既存建築物における石綿使用の事前診断管理指針」(平成17年4月 社団法人日本石綿協会)
※2:「吹付け石綿の使用の可能性のある建築物の把握方法について」(環境省環境管理局大気環境課)
※3:「既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説」(昭和63年6月 日本建築センター)
【写真出典】
中皮腫・じん肺・アスベスト センター(http://www.asbestos-center.jp/

● 表面の劣化(劣化の目安)

診断項目等 診断・判断方法 判定
アスベストが施工されているか否か 目視による 目視では判断がつかないときは、建物の設計者や分析機関に相談されることをお勧めします。
(1)層表面の毛羽立ち
(2)繊維のくずれ
(3)たれ下がり
(4)下地とアスベスト層との間の浮き・はがれ
(5)層の局部的損傷・欠損
(6)層の損傷・欠損
目視による アスベストを含む建材が見つかっても、健康に被害を及ぼすかどうかは、表面の劣化などにより、建材からアスベストが飛散しているかどうかによります。
(1)〜(6)の現象が認められている場合は、アスベスト粉じんの飛散防止処理を行ってください。

※ 吹付け石綿の劣化損傷の状況

(1)層表面の毛羽立ち  吹付けアスベスト層の表層部で結合材の劣化などによってアスベスト繊維が毛羽立っているもの。

(1)層表面の毛羽立ち(図)
(1)層表面の毛羽立ち(写真)
(2)繊維のくずれ 「毛羽立ち」の程度からさらに劣化が進行し、表層、又は表層下部の繊維がほぐれて荒れた状態になっているもの。

(2)繊維のくずれ(図)
(2)繊維のくずれ(写真)
(3)たれ下がり 吹付けアスベスト層の一部分が劣化、外力等によって層外へたれ下がっているもの。

(3)たれ下がり(図)
(3)たれ下がり(写真)
(4)下地とアスベスト層
との間の浮き・はがれ
アスベスト層の下地への付着力が低下することによって、アスベスト層と下地との間にすき間、はく離がみられるもの。

(4)下地とアスベスト層との間の浮き・はがれ(図)
(4)下地とアスベスト層との間の浮き・はがれ(写真)
(5)層の局部的損傷・欠損 人為的、又は経時変化によって、アスベスト層の表面、層自体の層間・下地間で生じた局部的な凹凸、はく落、はく離。

(5)層の局部的損傷・欠損(図)
(5)層の局部的損傷・欠損(写真)
(6)層の損傷・欠損 人為的、若しくは経時変化によって生じた施工面のほぼ全面にわたる凹凸、はく落、はく離。

(6)層の損傷・欠損(図)
(6)層の損傷・欠損(写真)

※「既存建築物の吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術指針・同解説」(昭和63年6月 日本建築センター)

※ 分析機関一覧表

事業所名
所在地
電話番号
建材の
分析
定性
建材の
分析
定量
作業
環境
(株)アサヒテクノリサーチ 大竹市晴海2-20-22
周南市新宿通5丁目3-33
0827-59-1800
0834-32-9259
中外テクノス(株) 周南市築港町5-27 0834-31-4848
(株)エヌ・イー・サポート 周南市飯島町1-22 0834-21-4505
ゼオン山口(株)分析センター 周南市那智町2-1 0834-21-4314
東和環境科学(株) 山口市小郡下郷1223番地2 083-973-3955
エヌエス環境(株)山口営業所 山口市小郡緑町4-27 083-974-0171
(有)宇部分析センター 宇部市大字沖宇部字沖ノ山5254-15 0836-22-5280
(株)太平洋コンサルタント 山陽小野田市大字小野田6272 0836-83-3358
(株)下関環境技術センター 下関市彦島迫町7-1-1(下関三井化学株式会社内) 0832-66-8247
(株)コベルコ科研関門事業所 下関市長府港町14-1 0832-46-0590

※ アスベスト除去及び改修工事業者一覧表

事業所名 所在地 電話番号
明星工業(株)岩国営業所 岩国市新港町4丁目5-10 0827-21-8235
(株)オーシャンテック 下松市美里町3丁目24-11  0833-44-1511
(株)ダイナコムテクニカ 下松市大字笠戸島760-1  0833-52-0606
ニチアス(株)徳山支店 周南市速玉町4-3 0834-31-4411
明星工業(株)徳山営業所 周南市大字久米3044-1 0834-25-3094
アスク・サンシンエンジニアリング(株)徳山営業所 周南市古泉1-7-17 0834-63-6540
(株)エーアンドエーマテリアル徳山営業所 周南市遠石1-11-3 0834-21-8831
(株)コンステック山口営業所 周南市岡田町3-32 0834-33-3670
(株)美装 周南市今住町8−8 0834-27-5125
エヌエス環境(株)山口営業所 山口市小郡緑町4-27 083-974-0171
明星工業(株)宇部営業所 山陽小野田市西沖5 0836-88-3965
(有)ヒロ建設 山陽小野田市大字小野田3567-1 0836-75-0861
壱星工業株式会社 下関市長府扇町6ー38 0832-49-1850

 一覧表は、現在、県が把握している事業所等の情報です。このほか、アスベストに関する「分析」や「除去・改修」を実施される方があれば、情報をお寄せください。

 連絡先:E-mail a15500@pref.yamaguchi.lg.jp Tel 083-933-3034 県庁環境政策課

▲ページトップへ戻る