ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口ブランドストーリー
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

山口ブランドストーリー

8.大内氏ゆかりの代表的な文化遺産

本文記載以外の大内氏ゆかりの代表的な文化遺産を紹介します。

所在地 建造物 内容 文化財指定
山口市
現在の本殿は1520年、義興が再建したもの。
国指定重要文化財
山口市
拝殿が本殿にくっついた権現造りの先駆的存在。
国指定重要文化財
山口市
1547年、もしくは室町時代中頃の建造説もある。
国指定重要文化財
山口市
1430年、大内持盛開基の観音寺の本堂。
国指定重要文化財
山口市
1521年建立の興隆寺釈迦堂を移築したもの。
国指定重要文化財
山口市
義興が伊勢神宮を勧請して創建。西のお伊勢様と呼ばれ、広く参詣者を集めた。
山口市
義弘が創建。約80の末寺小庵が取り巻き、多くの僧が修行し「西の高野」と呼ばれていた。
山口市
弘世により武運長久の祈願所として創建。西国(中国、四国、九州)で、日蓮法華宗門最初の道場。


所在地 文芸・美術等 内容 備考
山口市
拾塵和歌集
大内政弘の私家集。
山口市
大内版蔵乗法数
大内盛見刊行の大内版。仏教の名数を説明したもの。
山口市
大内氏の氏寺である興隆寺で開板されたもの。
国指定重要文化財
山口市
ほう*李唐放牧図(雪舟)
南宋の画家の画風で雪舟が描いた放牧図。
国指定重要文化財
京都市
四季花鳥図屏風
大内氏勢力下の石見国人・益田宗兼に贈ったと伝わる。
国指定重要文化財
東京都
茶入 上杉瓢箪
足利義政から大内氏、大友氏、豊臣秀吉、上杉景勝、徳川家康、紀伊徳川家へと伝わった茶入。
防府市
大内氏勘合貿易印等関係資料
日本国王之印(桜材)、朝鮮国通信符右符(鋳銅製)など。
国指定重要文化財


*ほうは「にんべん」に「方」

このページの先頭へもどる