ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 匠の技 伝統的工芸品
  3. その他民工芸品
  4. ガラス
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。      

匠の技 伝統的工芸品

末田焼イメージ

末田焼

末田焼は元来、土管の製造地として全国にその名を知られていた。
 明治8年(1875年)に排水用土管をつくったのが始まりで、昭和30年代までは日本経済の成長とともに発展しつづけた。
 現在、末田焼の窯元は、泰山窯(金彩・化粧土・かき落とし等の手法を用いた新しい焼物づくりに着手)、松涛山窯(萩焼等を製作)、真山窯(日用品としての食器や花器等を製作)、ゆずり葉窯(萩焼をベースに化粧土・かき落とし等の自然美を追求)、末田窯業(陶芸窯や陶壁板等を製作)の5つ。

このページの先頭へもどる