ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 匠の技 伝統的工芸品
  3. その他民工芸品
  4. ガラス
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。 山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。      

匠の技 伝統的工芸品

堀越焼イメージ

堀越焼

堀越焼は、天明8年(1788年)、佐波郡は佐野焼の陶工・内田善左衛門が堀越の地に新窯を設けたことが始まりとされている。以来、製作されてきた陶器は「水かめ」「雲助」「徳利」「すり鉢」「蛸壺」「植木鉢」などの日用品や生活雑器が主であった。
 堀越焼の窯元は、堀越窯(鉄分が多い地元土を使用して褐色美の雑記類を製作)、賀谷窯(伝統のタタキ方を継承してかめ類を製作)の2つ。

このページの先頭へもどる