ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 匠の技 伝統的工芸品
  3. その他民工芸品
  4. 徳地和紙
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

匠の技 伝統的工芸品

徳地和紙イメージ

徳地和紙

徳地和紙の歴史は古く、室町の大内氏の時代には「得地紙」と呼ばれるたいへん質の高い紙が生産されていました。江戸時代には、毛利氏により防長四白(米・塩・蝋・紙)として紙漉きが奨励されていたため、生産量もたいへん増加し、技術も向上していきました。その品質は「関西第一」と称されるほどでした。現在でも、手漉きの伝統がわずかながらも受け継がれており、山口市の無形文化財として登録されています。純白の和紙や色和紙、模様和紙などいろいろな種類の和紙が作られています。 また、地元にある島地小学校では6年生が和紙作りの技術を習い、卒業式では自分で漉いた卒業証書を手に巣立っていきます。 徳地にある体験交流施設「重源の郷」では、徳地和紙の製作体験として“溜め漉き”と呼ばれる手法で、模様入りの色和紙や葉書などを作ることができます。修学旅行のコースで製作体験する学校もあり、子どもから大人まで多くの方に楽しまれています。

このページの先頭へもどる