ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口県の誇り厳選集
  3. 文化財
  4. 刀 無銘(伝則宗)
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

山口県の誇り厳選集

刀 無銘(伝則宗)

刀 無銘(伝則宗)
かたな むめい(でんのりむね)

市町/下関市 時代/鎌倉時代

長さ72.3p、反りの中心点が刀身の中ほどにある中反り 2.4p、刃の幅が広く、鎬(しのぎ。刀身の棟と同じ厚さの面と刃との境の峯のようになっている部分)の幅が狭い「鎬造り」の刀。切っ先が猪の首のように見える。この刀は、長府藩主毛利元敏が忌宮神社に寄進したものである。無銘であるが、後鳥羽上皇の御番鍛冶として有名な、備前国邑久郡御幸村福岡(現在の岡山県)に住む則宗(福岡一文字派の元祖)の作と伝えられ、本阿弥光忠の折り紙付きである。御番鍛冶とは、鎌倉時代初期に、後鳥羽上皇が諸国から召し出して、1ケ月交替で院に勤番させた刀鍛冶のことである。

このページの先頭へもどる