ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口県の誇り厳選集
  3. 文化財
  4. 太刀 銘安吉
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

山口県の誇り厳選集

太刀 銘安吉たち めいやすよし

市町/岩国市 時代/南北朝時代

長さ70.6pの太刀。安吉の作には、長州住安吉正平十七年、貞治五年長州府中住安吉、長州道元安吉などの銘があるが、太刀が少ないのでその点から珍しいと言われている。出身は筑前国(現在の福岡県北西部)で、古来、筑前左(筑前左衛門安吉)と称し、後に長門府中(長府)に住んだとする説や、筑前左の子で長府に住んだとする説、筑前安吉の門弟であるとする説などがあるが、筑前左の子とするのが正しいようである。南北朝時代、正平年間(1346〜1370)の頃の人物である。

このページの先頭へもどる