ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口県の誇り厳選集
  3. 文化財
  4. 太刀 銘貞和三年丁亥十月日 守吉作 防州白崎八幡宮御剣 願主源兼胤
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

山口県の誇り厳選集

太刀 銘貞和三年丁亥十月日 守吉作 防州白崎八幡宮御剣 願主源兼胤

太刀 銘貞和三年丁亥十月日 守吉作 防州白崎八幡宮御剣 願主源兼胤
たち めいじょうわさんねんひのといじゅうがつひ もりよしさく ぼうしゅうしらさきはちまんぐうおんけん

市町/岩国市 時代/南北朝時代

長さ83.0p、反りの中心点が刀身の中ほどにある高い中反り2.6p、刃幅が広く、鎬(しのぎ。刀身の棟と同じ厚さをもつ面と刃との境の峯のようになっている部分)の幅が狭い「鎬造り」の太刀。切っ先は猪の首のような形になっている。南北朝時代の1347年(貞和 3)、備前鍛冶畠田の守吉が、現在の岩国市室木・今津一帯を支配していた源兼胤(みなもとのかねたね)の依頼を受けて、白崎八幡宮への奉納品として造ったものである。同銘の刃文のない無焼刃と一対で奉納された。

このページの先頭へもどる