ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口県の誇り厳選集
  3. 文化財
  4. 紅地桐文散錦直垂
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

山口県の誇り厳選集

紅地桐文散錦直垂

紅地桐文散錦直垂
べにじきりもんちらしにしきのひたたれ

市町/防府市 時代/室町時代

「鎧直垂」は鎧の下に着用するものであるが、武家の台頭とともに次第に豪華なものがつくられるようになった。本件は、1560年(永祿3)、毛利元就が将軍足利義輝から拝領したもので、そのことを示す文書も毛利家文書に残されている。上衣は身丈(襟の付け根から裾まで)79.0p、裄(背中の中心から手首まで)95.0p、袴は総丈 110.0p、腰幅43.0p。上下とも、表は、紅地に白・黄・茶色の桐円文と萌黄・濃萌黄色の雲文を織り出し、裏は、白の平絹の袷仕立てとなっている。桃山時代以前の鎧直垂として、数少ない貴重なものである。

このページの先頭へもどる