ここから本文

トピックパス
  1. トップページ
  2. 山口県の誇り厳選集
  3. 文化財
  4. 浅黄糸威褄取鎧 兜付
山口ブランドストーリー「維新から明治へ〜近代化の礎を築いた長州人脈〜」公開! 明治時代、長州で学んだ者たちが、政治だけでなく文化・教育・産業などの面でも日本に維新をもたらしたストーリーを紹介しましょう。   

山口県の誇り厳選集

浅黄糸威褄取鎧 兜付

浅黄糸威褄取鎧 兜付
あさぎいとおどしつまとりよろい  かぶとつき

市町/防府市 時代/室町時代

胴の高さ28.8p、草摺(胴の下にさがっていて、足の太股を守る部分)の長さ27.2p、小札は黒漆塗りの鉄に革札の1枚交じりである。薄黄色の組糸を毛を伏せたようにして威し(小札を横長に綴った板を上下につなぐこと)、褄取り(草摺の端を三角形に、地色とは別の色で威すこと)をしている。金具廻りや革所は獅子牡丹文染の韋包みとなっている。兜は鉢の高さが11.2p、径の左右が19.7p、前後が21.2p、鉄の黒漆塗り三十八間二方白の「星兜」(鉢のはぎ合わせの鋲頭を大きくこしらえて打ち付けたもの)である。後頂部が高く、前頂部が低くなっていて、南北朝時代から室町時代初期にかけての特徴を表している。1330年代後半から1390年代初め頃の南北朝時代の正式な鎧としては、残っている例の少ない優れたものである。
また、1429年(正長 2)の正月26日、大内盛見が将軍家から拝領し、寄進したことを朱書きした銘のある鎧櫃が残っている。

・鎧唐櫃  鎧唐櫃の身は、黒漆塗り、縦64.0p、横69.0p、高さ68.0p、板の厚さ1.1pの杉製で6つの脚が付いている。縦67.1p、横72.9p、高さ10.0pの黒漆塗りの蓋の裏に、「足利将軍家から拝領した鎧を正長2年(1429年)、松崎宮(現在の防府天満宮)に徳雄(大内盛見)が奉納した」という朱漆で書かれた銘があり、鎧の伝来を明らかにするとともに、製作時代(室町時代)が分かる鎧唐櫃として貴重なものである。

このページの先頭へもどる