古来伝承、甘美な銘品

室町時代からの名菓、山口独自の味わい

外郎(ういろう)

 山口名菓の筆頭、「外郎」の歴史は古く、起源は、室町時代にさかのぼるといわれています。将軍・足利義満の時代に来朝した元(中国)の陣宗敬(ちんそうけい)が伝えた「透頂香(とうちんこう)」という妙薬が、「外郎薬」という名で次第に諸国に広まり、やがて「外郎餅」という菓子が生まれた、というのが有力な説です。山口にも大内氏の時代に「黒外郎」として伝わり、やがて山口の菓子屋で白砂糖を使った「白外郎」が作られ始め、これが山口の外郎の起源となった、といわれています。その味は後の藩主・毛利氏も好み、江戸参勤の土産品にも使われたとか。
  外郎は、一般的には「うるち米や餅米の粉など砂糖や水を混ぜ、型に流して蒸した菓子」とされていますが、山口の外郎は、米粉の代わりにワラビ粉や葛粉など地下茎のでん粉を主原料とし、小豆あんなどと混ぜて蒸し上げるのが特徴です。このため、ぷるんとした口当たりで、米粉を使った外郎のような重さは感じさせず、後口もあっさりしています。
【主な生産地】
山口市、防府市
One Point Memo!

山口市、防府市の各菓子店では、小豆あんを使った伝統の白外郎、黒外郎に加え、抹茶や果汁、栗などを加えた新製品もそれぞれ開発し、バリエーション豊かに味を競っている。

▲ページ上部へもどる

明治時代に考案された郷土菓子

夏みかん菓子

 萩の夏みかんは、明治初頭、廃藩置県によって禄を失った武士たちを経済的に救うため、旧萩藩士・小幡高政の奨励で栽培されるようになりました。やがて夏みかんは萩の特産物となり、ある商人がこの皮を使って菓子を作ることを試みましたが、苦味が強く、成功には至りませんでした。その後、萩城下の菓子司がこれに改良を加え研究を重ねた末、明治13年に皮を砂糖蜜で煮つめ、仕上げに砂糖をまぶして軽く乾かした菓子を遂に完成させました。続けて大正時代には、実をくり抜いて丸ごと砂糖蜜で煮つめた皮に夏みかん入りの羊羮を流し込んで固めた「夏みかん丸漬」も考案し、以後、いずれも萩の名菓として定着しました。
【主な生産地】
萩市
One Point Memo!

現在では、皮を煮つめて砂糖をまぶした菓子と、「夏みかん丸漬」の伝統的な二品をはじめ、ゼリーやマーマレード、ジュースなど、夏みかんの風味を生かしたさまざまな製品が、市内の各菓子店で製造・販売されている。

▲ページ上部へもどる

地図上の市町名をクリックすると、その地域の県産品取扱店一覧へリンクします。
萩市 山口市 防府市
Copyright (c) 2007 Yamaguchi Prefecture.All Rights Reserved.