古都に息づく匠の魂

伝統の茶陶から現代陶芸作品まで

萩焼





 「一楽、二萩、三唐津」とうたわれ、最も優れた茶陶のひとつとされる萩焼は、経済産業大臣から伝統的工芸品に指定されています。
  萩焼の起源は、約四百年前、朝鮮半島に渡った毛利輝元が、朝鮮の陶工・李勺光(りしゃっこう)、李敬(りけい)兄弟を連れ帰り、萩築城に伴って城下に開窯させたのが始まりといわれています。李勺光が開いた萩東郊・松本の御用焼物所は、やがて弟・李敬が継ぎ、「坂高麗左衛門」に任ぜられました。以後、明治維新まではこの御用窯を中心に多くの御雇細工人が藩に召し抱えられました。
  萩焼の作風は当初、朝鮮陶技に倣ったものでしたが、初代三輪休雪を京に修業に行かせた元禄年間末(18世紀初頭)頃から楽焼の作風が加わりました。
  現在の萩焼は、旧藩御用窯であった坂高麗左衛門の「坂窯」、三輪休雪の「三輪窯」をはじめ、萩市内に、多くの窯元があります。また、明暦3年(1657)に「深川三之瀬焼物所」が開窯された長門市深川湯本にも、数か所の窯元があります。
  萩焼の特徴は、ざんぐりとした柔らかな土味と、素地土(きじつち)の吸水性にあります。このため、長年使い込むほどに茶の色が浸透して茶碗の色合いに変化の現われることを「萩の七化(ななば)け」と呼称し、茶人の間では珍重されています。また、器の形が素朴で加飾が少ないのも萩焼の特徴です。絵付けはほとんど行われていません。窯元や作家の造形上の工夫は、地元の「金峯土(みたけつち)」や「見島土」、防府近辺の「大道土」などからなる陶土の配合や、釉薬(ゆうやく)の掛け具合、ヘラ目などに発揮されています。
  現在では伝統的な茶陶とともに、現代的な感覚にもとづいた陶芸も盛んに行われ、多くの作家が活躍しています。市内のギャラリーなどを訪ねれば、手軽なお土産品から、個人作家の作品まで幅広い種類の萩焼と出会うことができます。工程の見学や、手びねりやろくろ、絵付けなどの体験ができる窯もあります。
【主な生産地】
萩市、長門市、山口市
One Point Memo!

萩焼は、一般的にはろくろで成形し、登窯で焼かれる。
ざんぐりした土の触感と、温かい色調の「枇杷釉(びわゆう)」(果物のビワのような色合い)や清冽な「白萩釉(しらはぎゆう)」が持ち味とされる。
茶碗や湯のみの場合は、底の台の部分に切れ目が入った「切高台(きりこうだい)」も特徴とされる。

▲ページ上部へもどる

西の京・山口、大内文化の優雅な証

大内塗

 経済産業大臣指定伝統的工芸品の「大内塗」は室町時代に始まり、大内氏による中国や朝鮮との交易上、重要な輸出品のひとつでした。大内氏の滅亡後、交易は絶たれたものの、漆工芸としての技術と生産は継承され、昭和以降は、大内人形を中心に、西の京・山口の特産品として親しまれています。
  天然木に「大内朱」と呼ばれる渋い朱色の漆を重ね塗り、表面に秋の草花を手描きして、大内氏の家紋・大内菱を金箔であしらった模様が特徴です。
  盆、箱類などさまざまな製品がありますが、最も人気の高いのは漆塗りの人形として全国的にも珍しい大内人形。24代大内弘世が都を恋しがる妻を慰めるために作らせたという逸話を伝える男女一対の人形です。夫婦円満の象徴ともいわれ、最近では、コンパクトで価値の高い雛人形として、初節句の贈り物にも喜ばれています。
【主な生産地】
山口市
One Point Memo!

分業を行わず、下地から重ね塗り、加飾までをそれぞれの工房が一貫して手がけているのも大内塗の特徴。
特に大内人形の顔の表情は工房ごとに異なる。

▲ページ上部へもどる

上質の原石に匠の技を加えて

赤間硯

 経済産業大臣指定伝統的工芸品の「赤間硯」は、鎌倉時代の初めに鶴岡八幡宮に奉納されたという記録があり、江戸中期には各地で売り広められました。毛利氏が藩を治めていた時代には、長州藩の特産品として大変貴重な品でした。
  赤間石は材質が硬く、緻密で、石眼や美しい紋様があり、しかも粘りがあるため細工しやすく、硯石として優れた条件を持っています。また、墨液を作り出すための「鋒鋩(ほうぼう)」が程よく密立しているのでよく磨墨、発墨し、さらっと伸びの良い墨液が得られます。
  採掘した原石は選別した後、縁たて、荒彫り、加飾彫り、仕上げ彫り、磨き、漆による仕上げ等、十数工程を経て硯となります。この作業工程のほとんどが手作業で、長い歴史の中で培われた技法は、「匠の技」として親や師匠から受け継がれています。
【主な生産地】
宇部市、下関市
One Point Memo!

硯は生きた墨液を得るために毎回洗うことが大切。
また、時々砥石を使って目立てをする(鋒鋩を立てる)とよい。

▲ページ上部へもどる

独特の光沢と模様が魅力

大理石加工品

 日本最大のカルスト台地、秋吉台を中心とする秋吉台国定公園は、山口県屈指の観光地。一帯はかつては大理石の大産地でした。「秋芳大理石」の名はその石質の良さから広く知られ、昭和30年代より、さまざまな加工品が生産されてきました。現在は主に美祢市で採掘した原石を素材に、花瓶や置き物などの観光みやげから建築材料に至るまで数多くの製品を生産し、石質・デザイン・種類の豊富さなどあらゆる点で、高く評価されています。最近は、新しい時代感覚を加えたオリジナル製品も多く、これまで蓄積されてきた創造力や技術力によってさまざまな美術工芸品が誕生しています。
【主な生産地】
美祢市
One Point Memo!

毎年秋には美祢市で「大理石・オニックスまつり」が開催され、大理石加工業者が集まって多彩な工芸品を展示・販売をしている。

▲ページ上部へもどる

地図上の市町名をクリックすると、その地域の県産品取扱店一覧へリンクします。
下関市 宇部市 山口市 萩市 長門市 美祢市
Copyright (c) 2007 Yamaguchi Prefecture.All Rights Reserved.