国木田独歩旧宅


国木田独歩旧宅・記念館(くにきだどっぽきゅうたく・きねんかん)
明治時代の文豪・詩人として知られる国木田独歩は、山口県内を転々としながら育ちました。16歳で東京へ進学しましたが、20歳の時柳井に住んでいた両親の元へ戻り2年間過ごしました。この記念館は、独歩の一家が明治26年頃に住んでいた家を移築し、保存したものです。短編小説「少年の悲哀」は、ここに住んでいた頃のことを回想した作品です。
料金:入館無料(要予約)
所在地:〒742-0001 山口県柳井市姫田
交通アクセス:(1) JR山陽本線柳井駅から徒歩で10分
問合せ先:柳井市観光協会 〒742-0021 山口県柳井市柳井3714-1(古市)TEL:0820-23-3655 FAX:0820-23-5411
http://www.kanko-yanai.com