白壁の町並み


白壁の町並み(しらかべのまちなみ)
柳井川の北側、古市・金屋地区の町割りは、室町時代のそのままで約200mにわたり白壁と格子窓の土蔵造りの家並みが続いています。藩政時代には岩国藩のお納戸と呼ばれるほど繁盛しました。夏の金魚ちょうちん祭りの頃には、かわいらしい金魚ちょうちんが飾られます。一帯は「白壁の町並み」と呼ばれ、国の重要伝統的建造物群・保存地区に選定されるとともに、「美しい日本の歴史的風土準百選」に選ばれています。石畳の「古市金屋線まちかど広場地区」は、観光案内所と白壁の町並みをつなぐ通路にもなっており、一帯は「都市景観100選」に選定されています。 時代 江戸時代 規模 面積1.7ha 長さ0.2km
所在地:山口県柳井市柳井津(古市・金屋)
交通アクセス:(1) JR山陽本線柳井駅から徒歩で5分
問合せ先:柳井市観光協会 〒742-0021 山口県柳井市柳井3714-1(古市) TEL:0820-23-3655 FAX:0820-23-5411
http://www.kanko-yanai.com