柳と井戸・湘江庵


柳と井戸・湘江庵(やなぎといど・しょうこうあん)
曹洞宗湘江庵の境内にある柳と井戸は、柳井の地名発祥の地です。その昔、大分の長者の娘である般若姫が、橘豊日皇子(聖徳太子の父、後の用明天皇)の后となるため、都へあがる途中、姫の喉を潤したのがこの井戸の水だといわれており、お礼に挿された楊枝が一夜にして成木になったと伝えられています。
拝観自由
所在地 〒742-0022 山口県柳井市柳井3058-1(新町)
交通アクセス(1) JR山陽本線柳井駅から徒歩で10分
問合せ先 柳井市観光協会〒742-0021 山口県柳井市柳井3714-1(古市) TEL:0820-23-3655  FAX:0820-23-5411
http://www.kanko-yanai.com