伊藤公記念公園


伊藤公記念公園(いとうこうきねんこうえん)「日本の歴史公園100選」
初代内閣総理大臣を務めた伊藤博文生誕の地が「伊藤公記念公園」として整備されています。園内には伊藤博文公の生家や銅像のほか、旧伊藤博文邸や伊藤公資料館などもあります。
旧伊藤博文邸(山口県指定有形文化財)
明治42年(1909)博文は遠祖・林淡路守通起の没後300年の法要を行うための別邸をこの地に建設するように命じ、同年10月14日に満州(現在の中国東北地区)へと出発しました。しかし、同年10月26日にハルピンで狙撃を受けて死亡し、完成した別邸を見ることはできませんでした。その別邸が、現在「旧伊藤博文邸」として保存されています。
伊藤博文生家(復元)
伊藤博文公(幼名・林利助)が6才まで過ごした家を復元しています。家の裏には、産湯に使ったとされる井戸や、幼年期に遊んだイチョウの木が現在も残っています。
所在地 〒743-0105山口県光市束荷(つかり)
交通アクセス(1)JR山陽本線岩田駅から車で5分
問合せ先 光市教育委員会 〒743-0011山口県光市光井9丁目18-3 TEL:0833-72-1400
http://www.city.hikari.lg.jp/kyouiku/bunka/ennai.html