室積燈籠堂


室積燈籠堂(むろづみとうろうどう)
元禄15年(1702)に象鼻ヶ岬(現室積灯台位置)に百姓松村亀松(浦年寄)が、夜でも安全に廻船が出入りできるように自費で燈籠堂を建てました。さらに油代・人件費などの維持費として米40石(約6t)も寄付したそうです。山口県内の灯台では最も古いもので、国内でも24番目のものです。当時の室積港が諸国廻船の出入りで賑っていたことがうかがえます。 みたらい公園にある燈籠堂は、平成3年3月に復元されたものです。
所在地:〒743-0007光市室積5丁目(みたらい公園内)
交通アクセス:(1)JR光駅よりバスで20分、室積小学校前下車、徒歩10分
問合せ先:光市商工観光課 〒743-0007山口県光市中央6-1-1 TEL:0833-72-1400