遠石八幡宮


遠石八幡宮(といしはちまんぐう)
推古天皇の時代に宇佐八幡宮の分霊を勧請し、和銅元年(708)年に社殿が造営されたのが始まりとされ、地元では宇佐・清水・鶴ケ丘と並ぶ日本四大八幡の1つに数えられています。境内にある鐘は源平合戦の前哨戦で流れ矢によって破損したため再鋳したと伝えられ、市の重要文化財に指定されています。
所在地:〒745-0816 山口県周南市遠石2丁目 TEL:0834-22-8888
交通アクセス:(1) 徳山駅からバスで7分
問合せ先:遠石八幡宮 〒745-0816 山口県周南市遠石2丁目 TEL:0834-22-8888