東大寺別院阿弥陀寺


東大寺別院阿弥陀寺(とうだいじべついんあみだじ)
大平山の山麓に佇む古刹で、あじさい寺として親しまれています。東大寺再建のため周防国へ西下した俊乗房重源が文治3年(1187)後白河法皇の現世安穏を祈るため、自ら荒野を開いて建立したといわれています。
国宝の鉄宝塔をはじめ貴重な仏像・古文書がたくさんあります。また、境内には80種約4000本のあじさいが植えられ、毎年6月にはあじさい祭りが開催され多くの観光客が訪れます。
宝物拝観料:大人400円(300円)中・高校生200円(150円)()は30人以上団体
拝観時間:9:00~17:00(要予約)
所在地:〒747-0004山口県防府市大字牟礼上坂本1869 TEL:0835-38-0839
交通アクセス:(1)JR山陽本線防府駅からバスで20分→「阿弥陀寺」バス停から徒歩で10分(2)防府東・西ICから車で20分
問合せ先:東大寺別院阿弥陀寺 〒747-0004山口県防府市大字牟礼上坂本1869 TEL:0835-38-0839