春日神社 鬼まつり・庭神事


春日神社例大祭鬼まつり・庭神事(かすがじんじゃれいたいさいおにまつり・にわしんじ)
春日神社は、周防国の国司として赴任した藤原氏が文治2年(1186)に奈良の春日神社の分霊を祀ったといわれています。鎌倉時代に東大寺再建に取組んだ俊乗房重源によって再建されました。秋の例大祭前夜に行われる庭神事では、蓮華と呼ばれる直径1m余の平笠を冠った7人の少年が田楽踊りを奉納します。例大祭は鬼まつりと呼ばれ、13の太鼓を少年28名が打ち鳴らし、鬼の姿をした若者が天下泰平・五穀豊穰を祈願してねり歩きます。
開催時期 10月第2日曜日
開催地・所在地:春日神社 〒747-0004 山口県防府市牟礼上坂本
交通アクセス:(1) JR山陽本線防府駅からバスで20分(農業大学入口下車)(2) 山陽自動車道防府西ICから車で20分(3) 山陽自動車道防府東ICから車で20分
問合せ先:春日神社 〒747-0004 山口県防府市牟礼上坂本 TEL:0835-38-1185
http://www.kanko-hofu.gr.jp/index/page/id/164