毛利氏庭園


毛利氏庭園(もうりしていえん)国指定名勝
毛利氏庭園は、もともと長州藩最後の藩主であった毛利元徳の拠点でした。明治維新の後、旧藩内の拠点を山口から防府三田尻御茶屋に移しました。明治3年(1870)に多々良山周辺を買収して多々良御殿を建設し、上京する時以外は、その生涯のほとんどをこの御殿で過ごしたそうです。後に国指定名勝毛利氏庭園として整備され、現在では一般公開されています。
拝観料:大人400円中学生以下200円(20人以上団体割引)
拝観時間:4~9月9:00~17:30 10~3月9:00~17:00
休業日:庭園は無休
時代 大正時代
所在地:〒747-0023 山口県防府市多々良1丁目15-1 TEL:0835-22-4611
交通アクセス:(1)JR山陽本線防府駅からバスで6分(「毛利本邸入口」下車)
問合せ先:(財)防府毛利報公会 〒747-0023 山口県防府市多々良1丁目15-1 TEL:0835-22-0001
http://www.c-able.ne.jp/~mouri-m/te_teien/index.html