龍福寺


龍福寺(りゅうふくじ)国重要文化財(本堂)
大内氏館跡にある龍福寺は、大内義隆の菩提寺として弘治3年(1557)に毛利隆元が再建したものです。明治14年(1881)に本堂が焼失したため、興隆寺の釈迦堂を移築したのが現在の本堂です。大永元年(1523)の建立と伝えられ、室町時代の特色をよく示しており国の重要文化財に指定されています。
所在地:〒753-0093 山口県山口市大殿大路119 TEL:083-922-1009
交通アクセス:(1) JR「新山口駅」から列車で20分→ JR山口線「山口駅」からバスで5分→ 「県庁前」バス停から徒歩で10分(2) JR「新山口駅」からバスで30分→ 「県庁前」バス停から徒歩で10分(3) 中国自動車道小郡ICから車で20分
問合せ先:龍福寺 〒753-0093 山口県山口市大殿大路119 TEL:083-922-1009