周防国分寺


周防国分寺(すおうこくぶんじ)国指定史跡(境内)
天平13年(741)聖武天皇の勅願により、国ごとに建てられた官寺のひとつです。平安時代には衰退しましたが、鎌倉時代、周防国が総国分寺である東大寺の経費の支出をまかなう料国となったのを契機に再興されました。その後大内氏、毛利氏の保護によって維持され、当初の寺域をほぼ維持しています。周防国分寺旧境内は昭和32年に国の史跡に指定されました。
宝物拝観料:大人500円(団体300円)中学生以下300円(団体200円)
拝観時間:9:00~12:00、13:00~16:00(要予約)
休業日:日曜日、年末年始休み
所在地:〒747-0021山口県防府市国分寺町2-67 TEL:0835-22-0996 FAX:0835-22-1156
交通アクセス:(1)JR山陽本線防府駅から車で5分
問合せ先:周防国分寺 〒747-0021 山口県防府市国分寺町2-67 TEL:0835-22-0996 FAX:0835-22-1156
http://www5.ocn.ne.jp/~suoukoku/