山口七夕ちょうちんまつり


山口七夕ちょうちんまつり(やまぐちたなばたちょうちんまつり)
約450年前の室町時代より始まり、大内氏の第26代盛見が父大内弘世を祀った盆提灯が各家庭に広まったものといわれています。約10万個の紅提灯が織りなす炎のトンネルが幻想的です。湯田温泉街の一部にも提灯が飾られます。また高さ約15mのちょうちんツリーの点灯が行われたり、美術館や博物館の並ぶパークロードに紅白の提灯で「山口」と大きく描かれたりします。殿御輿や姫御輿、ちょうちん山笠が練り歩き、担ぎ手達の熱気で山口の街を盛り上げます。
開催時期 8月6日~8月7日
開催地・所在地:山口市中心商店街・パークロード
交通アクセス:(1)JR山口線山口駅から徒歩で5分(2)JR山陽本線新山口駅からバスで30分(3)中国自動車道小郡ICから車で20分(県道204号線経由)
問合せ先:山口市ふるさとまつり実行委員会 〒753-0042山口県山口市惣太夫町2-1 JR山口駅2F TEL:083-932-3456