長正司公園


長正司公園(ちょうしょうじこうえん)
平安末期から南北朝時代にかけて、豊田町を治めた豪族豊田氏の長正司城跡のふもとが公園になっています。樹齢100年を超える藤棚が有名で、毎年5月上旬には藤祭りが開催されます。豊田一族が滅亡した後、菩提のために安置された観音堂もあります。
所在地:〒750-0421 山口県下関市豊田町殿敷
交通アクセス:(1) JR山陽本線小月駅からバスで35分→ バス停から徒歩で5分(2) 中国自動車道小月ICから車で20分(3) 中国自動車道美祢ICから車で20分
問合せ先:豊田総合支所地域政策課 〒750-0421 山口県下関市豊田町殿敷1918-1 TEL:083-766-1056