忌宮神社


忌宮神社(いみのみやじんじゃ)
忌宮神社の場所は、仲哀天皇が、西国平定のためこの地に豊浦宮(とよらのみや)を設けられた跡といわれています。仲哀天皇・神功皇后・応神天皇を祀り、文武の神として崇められています。8月7日から1週間くりひろげられる数方庭祭(すほうていさい)は天下の奇祭として有名です。
宝物館見学料金:志納
時間:8:30~16:00
休館日:12/8~12/14
所在地:〒752-0967 山口県下関市長府宮の内町1-18
交通アクセス:(1) JR山陽本線長府駅からバスで10分→ 「城下町長府」バス停から徒歩で5分(2) JR下関駅からバスで23分→ 「城下町長府」バス停下車から徒歩で5分(3) 中国自動車道 下関ICから車で20分
問合せ先:忌宮神社 〒752-0967 山口県下関市長府宮の内町1-18 TEL:083-245-1093