金子みすゞ詩の小径


金子みすゞ詩の小径(かねこみすずうたのこみち)
長門市仙崎出身の童謡詩人金子みすゞは、大正12年(1923)、20歳のときに下関に移り住み詩を書き始めました。昭和5年(1930)に亡くなるまで512編の作品を残しました。みすゞ生誕100年を記念して「金子みすゞ詩の小径」が整備され、詩碑や顕彰碑が建てられています。唐戸周辺のゆかりの地を約1時間で巡るコースです。
所在地:山口県下関市唐戸周辺
交通アクセス:(1) JR下関駅からバスで7分(「唐戸」下車)(2) 下関I.Cから車で15分
問合せ先:下関市観光振興課 〒750-0008 山口県下関市田中町5-6 TEL:083-231-1350 FAX:083-231-1853
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/