勝山御殿跡


勝山御殿跡(かつやまごてんあと)
勝山御殿は、幕末の攘夷決行に備え海沿いの長府串崎から移転した長府毛利氏の居館です。四王司山、勝山、青山に囲まれ勝山盆地を見下ろす田倉の地に元治元年(1864)に築かれました。現在は二の丸跡の石垣を残すだけですが、明治までこの勝山御殿が長府藩の居城でした。
所在地:〒751-0883 山口県下関市田倉
交通アクセス:(1) JR山陽本線長府駅から25分(2) 新下関から車で20分(3) 中国道下関IC~車で25分
問合せ先:下関市観光政策課 〒750-0008 山口県下関市田中町5-6 TEL:083-231-1350 FAX:083-231-1853