恩徳寺の結びイブキ


恩徳寺の結びイブキ(おんとくじのむすびいぶき)国指定天然記念物
イブキはヒノキ科の常緑高木で、結びイブキは恩徳寺の境内にある高さ6m、目の高さの幹周り3.4mの巨木です。地上2mのところで多くの枝に分かれ、地上約2.5mで、多数の枝が互いにからみあい、珍しい樹形をしています。本堂前には幼樹2本が植えられています。恩徳寺は、享禄2年(1529)大内義隆夫人花の方が建立しました。寺の由来を記した書物には、寺を建立した当時、すでに周囲約1.5m、高さ約4.5m、枝葉は前後左右に相結びて四方に伸ばし、その面積は33㎡に及んでいたと記してあります。
所在地:〒759-5331 山口県下関市豊北町大字神田
問合せ先:恩徳寺 〒759-5331 山口県下関市豊北町大字神田 TEL:083-786-0365