下関漁港閘門


下関漁港閘門(しものせきぎょこうこうもん)「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」
下関漁港の閘門は、日本海と瀬戸内海の干満差によって生じる激しい潮流を抑制し、漁港の安全性を確保するために戦前に建設された構造物です。戦後の下関漁港の発展に多大な貢献をしており、昭和41年(1966)には28万5千トンの水揚量日本一に輝きました。閘門は今なお現役稼動中で船舶が航行しており、全国的にも珍しいといえます。規模の違いはあるものの、閘門の通過方法はパナマ運河と同じです。
問合せ先:山口県下関水産振興局 漁港市場課 TEL:083-266-2141