下関市立美術館


下関市立美術館(しものせきしりつびじゅつかん)
昭和58年(1983)に、市制90周年を記念して開館した美術館です。長府で生まれた近代日本画の父、狩野芳崖の作品を中心に、高島北海や香月泰男などの作品を収蔵しています。展示室や講堂、造形室を市民の創作・発表の場として開放するなど、親しみやすく開かれた美術館です。長府庭園に隣接する、長府観光の拠点でもあります。
料金:常設展 一般200円、大学生等100円、小・中学生無料、団体20人以上2割引 特別企画展示観覧料別途必要
開館時間:9:30~17:00(最終入館16:30)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、12/28~1/4(展示替えの期間など臨時休館あり)
所在地:〒752-0986 山口県下関市長府黒門東町1-1
交通アクセス:(1) JR長府駅からバスで10分→ 「市立美術館前」バス停から徒歩で1分(2) JR下関駅からバスで20分→ 「市立美術館前」バス停から徒歩で1分
問合せ先:下関市立美術館 〒752-0986 山口県下関市長府黒門東町1-1 TEL:083-245-4131 FAX:083-245-6768
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/bijutsu/