下関市立長府博物館


下関市立長府博物館(しものせきしりつちょうふはくぶつかん)
昭和55年(1980)に開設した郷土の歴史博物館で、「下関の歴史と文化」を基本テーマとしています。収蔵品は、長府毛利家遺品・幕末維新資料を中心に各時代各分野にわたっています。長府博物館の前身は、昭和8年(1933)、吉田松陰・品川弥二郎の遺志を受け継いだ桂弥一が有名無名の志士たちを顕彰するために設立した長門尊攘堂です。戦後は財団法人長府博物館に組織替えし、地域の歴史や美術を中心に博物館活動を展開しました。なお、博物館本館(旧長門尊攘堂)は平成11年(1999)、国の登録有形文化財に登録されました。
料金(常設展示):大人200円、大学生等100円、高校生以下無料、団体(20名以上)は2割引
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(ただし祝日の場合は会館) 12/28~1/4
所在地:〒752-0979 山口県下関市長府川端1丁目2-5 TEL:083-245-0555
交通アクセス:(1) JR長府駅からバスで7分→ 「城下町長府」バス停から徒歩で10分(2) JR下関駅からバスで23分→ 「城下町長府」バス停から徒歩で10分(3) 中国自動車道下関I.Cから車で20分
問合せ先:下関市立長府博物館 〒752-0979 山口県下関市長府川端1丁目2-5 TEL:083-245-0555
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kyoiku/chohuhak/