萩城跡


萩城跡(はぎじょうあと)国指定史跡
慶長9年(1604)に毛利輝元が築城しました。明治7年(1874)、天守閣、矢倉などの建物は全て解体され、現在は石垣と堀の一部が昔の姿をとどめています。旧本丸跡に歴代藩主を祀る志都岐山神社が創建された際、総面積約20万㎡の境内が指月公園として整備されました。園内には天守閣跡、梨羽家茶室、旧福原家書院、万歳橋、東園などの旧跡があります。
拝観料:大人210円(120円) 中学生以下100円(60円)( )は30人以上団体
拝観時間:8:30~18:00(3月) 8:00~18:30(4月~10月) 8:30~16:30(11月~2月)
所在地:〒758-0057 山口県萩市堀内 TEL:0838-25-1826
交通アクセス:(1) JR山陰本線東萩駅から徒歩で30分(2) 中国自動車道美祢東JCTから車で40分(直結する小郡萩道路絵堂ICから約20分で萩市街地へ)→ 萩市指月第一駐車場から徒歩で3分(最寄の駐車場より)
問合せ先:萩市観光協会 〒758-0061 山口県萩市椿3537-3 TEL:0838-25-1750
http://hagi-kankou.com/spot/197/